甲状腺について学ぼう

甲状腺は女性に多いと言われている病気

男女を問わず多い甲状腺が関係する病

どこにあってどんな働きをするのか

甲状腺とは、のどぼとけの下にある蝶のような形をしているのが特徴です。
甲状腺ホルモンを分泌するのが主たる働きですが、このホルモンには新陳代謝を活発にするという働きがあります。
体にとって非常に重要な役割を果たしているのですが、その働き異常が起こることがよくあります。
3つのタイプの異常にグループ分けすることができ、それぞれのグループのどれに該当するかによって治療方法もことなります。

病気の主なものとその症状

甲状腺の病としてよく知られているのが、ホルモン分泌が過剰になる甲状腺機能亢進症で、主な病名としてバセドウ病が挙げられます。
その逆が、分泌量が少なくなる甲状腺機能低下症で、こちらは橋本病の名前で知られています。
これらは両方とも自己免疫疾患であり、体に現れる症状の違いから、どちらに該当するかを判断します。
バセドウ病は動悸や喉の腫れ、さらに目が飛び出て見えるといった症状が現れ、橋本病ではむくみやだるさ、無気力などが現れます。
症状としてはバセドウ病の方が分かりやすく、橋本病は単なる疲れとして見過ごしやすい傾向があるといえるでしょう。
炎症を起こすケースには、細菌感染の場合とウィルス感染の両方があります。
腫れや痛み、しこりなどが現れますので、気がついたらすぐに医療機関を受診することが大事です。

腫瘍と聞くと不安になるもののたいていは良性

3つのグループのうち、甲状腺腫瘍の場合は特に身体的変化が見られないのが特徴です。
また、腫瘍と聞くと不安になりますが、8割から9割までが良性のものであることも、甲状腺腫瘍の特徴といえるでしょう。
経過観察を主とする治療を行いますが、腫瘍が大きくなると、見た目を気にして取り除くことを希望する女性が多くなるほか、腫瘍が大きくなることで物を飲み込むときに違和感を覚えるようであれば、医師に相談した方がいいかもしれません。
男性にも起こる病気ですが、割合としては女性に多いのが甲状腺の病気の大きな特徴と言えます。
治療を受けるのであれば、できれば甲状腺の専門医を受診するのがいいでしょう。
エコー検査や血液検査など、定期的に検査を受ける必要がありますので、専門医のもとで長く経過を見てもらうことが、いち早く異変に気付くことにつながります。
快適な環境で受診できる医療機関も増えていますので、メンタル面での負担を和らげてくれるところに通院することも大事です。
いったん発症すると、長い間治療する必要が生じる甲状腺の病においては、いかに億劫に感じることなく通院できる医療機関を見つけるかは非常に重要だといえるでしょう。

人気記事ランキング