注文住宅でペットと住もう

失敗しない注文住宅のために

失敗しないための注文住宅作り

何事も「先人の知恵」に従うことが失敗を回避できるコツです。注文住宅を建てた先輩たちの失敗談から失敗しないための注文住宅作りを学ぶことができます。まず間取りに関する失敗談で最も多いのがコンセントなどの配線です。生活時間帯の中での人の動きである生活動線とマッチしていないスイッチやコンセントの位置が生活ストレスの原因となったケースです。

例えば電化製品を多く使うキッチンや洗面所にコンセントの数が足りなかったり、部屋ごとに独立したスイッチしかないため、例えば下の階のリビングのスイッチを消し忘れると上階から下階までいちいち移動する必要があったりするのが代表的な失敗パターンです。また家具を配置するとコンセントがほとんど隠れてしまったというケースもあります。家族の行動パターンを把握していなかったこと、インテリアレイアウト計画が不十分だったことが原因です。

また、ペットの習性を理解していなかったことから、ペットに配慮した工夫が無駄になってしまったと失敗を感じる人も多いようです。例えば、犬や猫とは目の高さが違います。人には快適に感じられる天井の高さが、地面に近い場所にいる犬にとってはものすごく広い空間に感じられます。犬にとっては四方を囲まれた狭い場所が安心できるようです。

また、広いバルコニーも犬にとっては縄張りとして見張る対象が増えることで逆にストレスになってしまいます。人間側の思い込みが裏目に出てしまう典型的なケースです。

その他にも広い窓に憧れてみたものの、実際はリビングの窓が広すぎて、外からの視線が気になるという人も多いようです。頭の中にある理想のイメージを実現するには、実現後の状況もイメージしておく必要がありそうです。

Copyright © 注文住宅のイメージを伝える. All rights reserved.